シータヒーリングブログ

シータヒーリングで自分らしさを受け入れて幸せに生きよう

投稿日:2018年8月21日 更新日:

ご訪問くださいまして、どうもありがとうございます。
東京都練馬区 シータヒーリング®のAUWA(アウワ) 佐治 明と申します。

 

AUWAでは、シータヒーリングという方法で、最高の自分で、大好きなパートナーと、望んだ人生を送りたい、あなたのサポートをさせて頂いております。

現実が望みどうりにならないのは、潜在意識の思い込みが根本原因である、とシータヒーリングではとらえています。

シータヒーリングは、60分のセッションで制限をかける思い込みを見つけ、役に立つ思い込みに変え、潜在意識を順調に前進し夢や望みを叶えられるものに整えていくヒーリングです。

 

 

さて。

先日、トランスジェンダーの方とお話しする機会がありました。
トランスジェンダーとは、ご本人の性自認と身体の性別が一致していない状態の方で、手術によって性自認にふさわしい身体に変える方もいらっしゃいます。

その方は性自認が女性で身体が男性、将来は手術で女性の身体に変えて女性として生きることに希望を感じながらも、大柄な自分では理想の女性像とは程遠くなりそうという不安も感じておられました。

これまでトランスジェンダーの方と親しくお話しする機会はあまりなかったのでとても興味深くお話しを伺うことが出来たのですが、中でも会話にひんぱんに出てきたパス度という言葉がとても気になりました。

女性の外見に戻った時、元の身体が男性であることを周囲の人に見抜かれにくいことをパス度が高い、見抜かれやすいことをパス度が低い、と表現するのだそうです。

身体を変えた時に真っ先に気になるのは、なるほど周囲の目、周囲の反応だろうな、と僕も思いました。
自分らしさを祝福して受け入れてもらいたいですよね。
でも、場合によっては望んだ反応をもらえずそれがストレスになることもあるかもしれないな、僕がその立場だったらどう思うのだろう、と後で思いをめぐらせました。

 

周囲の目、周囲の反応という言葉を聞いた時、最初に浮かんだのは売れない俳優時代のことでした。

 

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

例えばTVCMかなにかのオーディションを受けるとします。
所属事務所のマネージャーさんから、こんなオーディションがあるけど受けるか?と連絡が来ます。
受けたいと伝えるとキャスティング会社に写真付きのプロフィールが送られ、書類選考で半分に絞られます。

書類選考を通過すると面接に行きます。
会場で30分から1時間程待たされ、審査員のいる部屋に通されます。
中にいるのはたいてい2、3人。ADさんとキャスティング会社の人、あとは誰だかよくわからない人。

カメラの前で自己紹介し、1回転して顔や身体を撮影してもらいます。短いときはこれで終わりです。
演技力や個性が強く問われる場合は、会場で渡された台本をもとに演技したり、時にはその場で与えられたお題で即興で演技をします。そして部屋を出ておしまいです。

審査員はにこやかで感じのいい場合もありますが、僕の知る限りたいていは事務的でちょっとつまらなさそうな雰囲気。
部屋に入った瞬間に負けそうな気持ちになることも少なくありませんでした。

そして数日後、合否の連絡があります。
確率としては200~300分の1くらいでしょうか。
合格すれば仕事にありつけるし、落ちればそれまでです。
僕はずいぶんと落ちました。そしてまれに合格率の低いオーディションに受かりました。

 

外見だけで決められてしまう。
合格しても落選しても理由がわからない。
どこを頑張ればいいのかわからない。
自分のなにを見られているのかわからない。
どう思われているのかわからない。
決定権はいつも相手側にあり、自分はそれに従うだけ。

 

こんなことを繰り返しているうちにだんだんと心が疲弊していきました。

 

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

なにに疲弊したのかと言うと、他人の評価で自分の存在価値が決められてしまう、ような気になっていくことに、だったのだと思います。
合格すれば価値があり周囲は優しい、落選すれば価値がなく周囲は冷たい、そして落ち続けるとみんなが離れ自分も立ち直れない。

そんな気分に完全にはまっていました。

 

シータヒーリングのセッションを受けるようになった時、頻繁に出てきたのが、今の自分、今までの自分を十分にそれでよしとする、自分が感じている否定的な感覚を取り払う、言いかえれば、ありのままの自分を愛し受け入れるということでした。
正直、最初はなかなか受け入れられませんでした。いろいろこじらせながら折にふれセッションを受け、だんだんと落ち着いていきました。

セッションでは、子供の時に父が「あの子とは趣味も違うし気も合わない。うまくやっていける気がしない。」と言っているのを聞いてしまいショックだったこと、そして自分は間違って生まれてきた失敗作だと思って生きてきたことなどが思い出され、 たくさん泣いて癒されていきました。

あぁ、俳優になりたかった理由の1つは、誰かに「いいよ」と言って認めてもらいたかった、そして愛してもらいたかった、もっと言えば自分を愛したかった、ということだったんだな、とだんだんと気がついていき、シータヒーリングらしい方法で自分を満たしてあげていきました。

 

僕の場合、例えば、

認められる感じ
自分を認めている感じ
ありのままの私を愛し、愛されている感じ

をよく知らなかった訳です。
それを実体験で分かろうとすると何年かかるかわからないし、というより、人はそもそも知らないことを創造できないので、永久に実体験できないという現実を作り出してしまうことになります。
(と、シータヒーリングでは説明しています。)

こんな時、シータヒーリングでは、もうすでにそれを知っている、したがって創造できる、ということにしてしまいます。
方法としては、潜在意識に新しい感覚や感情を教えてあげるということを行います。
これをダウンロードと呼んでいます。
この作業によって、出来る、大丈夫、という感じが湧いてきて満足感を感じながら、現実での体験を作り出せるようになっていきます。

 

たくさん愛されている
周囲の人から応援されている
愛を受け入れることを自分に許す
自分の成長や変化を祝福される
ありのままの私は最高最善である

 

僕はこんなダウンロードを何度も自分にしてあげて現在に至ります。

 

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●

 

トランスジェンダーの彼女のことではないのですが、彼女の話を聞いて僕が思ったのは、人によっては、

身体を変えても満足できない
身体を変えた新しい自分の容姿を受け入れられない
変化している途中の中途半端な自分が気に入らない
社会との折り合いがうまくいかない

といった悩みが生ずることがあるかもしれない、ということでした。

これはトランスジェンダーの人だけに限らず、人生で何か変化を起こそうとしている人、より自分らしくあろうとしている人全般に起こりうることなのではないか、と思います。

でもシータヒーリングを活用すれば、それらを感じることなく、そして実際に体験することなく変化することが可能になります。

 

楽しみながら変化する
周囲に祝福されながら変化する
変化した自分をそのまま認め愛する
変化している途中も最高最善である
社会と調和しながら自分らしく生きる

 

こんなダウンロードによって、自分自身へのとらえ方が変わり、日々の生活の感じ方が変わり、行動が変わり、周囲の反応が変わり、ずっと生きやすく、楽しみながら変化できるようになります。

気がつけば、誰かにパスされる、されない、なんてことが気にならず、自分自身でいることを心から楽しめる、そんな私になっていることでしょう。

 

シータヒーリングについての詳しいことはこちらをご覧ください。

ホームページ
メニュー・料金
ご予約・お問い合わせ

 

メールアドレスを入力して、メルマガにご登録ください。

⚫豊かさと恋愛力をアップさせる感覚・感情のダウンロードをメルマガでお送りします。
⚫セミナーや個人セッションのお得な情報をお送りします。
⚫創造主からメルマガ登録者の皆さんへの必要なメッセージをお伝えします。
⚫配信は週に1回程度。適度な間隔で無駄になりません。
⚫スマートフォンで読めば、通勤時間を有効に使えます。
⚫簡単に解除できます。

ニュースレターを購読します

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、ブログの更新をメールで受信できます。

-シータヒーリングブログ

Copyright© 東京都練馬区シータヒーリング®のAUWA , 2018 All Rights Reserved.