もっとわがままに生きてオッケー👍 自分らしさ全開で、大好きなパートナーと望みを叶える シータヒーリング®のセミナーと個人セッション 東京都 高円寺/阿佐ヶ谷

シータヒーリング®のAUWA セミナーと個人セッション 東京都 高円寺/阿佐ヶ谷

シータヒーリングブログ

先祖の話~女優 八雲恵美子~

投稿日:2017年1月13日 更新日:

映画『霧の中の曙』(昭和5年) 人気俳優の高田稔と

 

命日なので、今日は僕のおばあさんのお姉さんである、大伯母について書いてみます。

 

八雲恵美子 Emiko Yagumo 
(1903~1979)岡山県出身。

裕福な商家に生まれ、単身大阪に渡り女学校で学ぶ。

昭和元年に映画女優として主演デビューし、おもに無声映画で活躍。
またたく間に人気を博し、松竹蒲田を代表するトップスターの一人として大幹部に登りつめる。
11年の活動期間に100本以上の映画に主演・助演。
途中、名を理恵子と改名。
声がトーキー向きでないことを理由に松竹を勇退する。

満州で結婚詐欺にあい全財産をなくす。
多くの恋愛をしながらも生涯独身をつらぬき、なによりも犬を愛する。

新橋でバー経営ののち、戦後は銀座で化粧品の香料を輸入する貿易会社を興し、大手化粧品会社と取り引きし大成功する。
生涯にわたって多くの映画人と交流を重ねる。

現存している映画は、戦前の名作として、貴重な歴史的資料として高い評価を受け、修復され国内外で度々上映されている。

代表作
『からくり娘』『恥しい夢』『君恋し』『銀河』(現存)
『不壊の白珠』(現存)『東京の合唱』(現存)『浮草物語』(現存)

一般的なプロフィールはこちら

 

八雲恵美子はどんな女優?

彼女は今ではよほど映画に詳しい人にしか知られていない過去の人ですが、昭和初期には有名な女優でした。

僕が「俳優になりたい。でも自分なんかではとても無理…。」と悶々としていた高校生の頃に、身内に女優がいたよ、と父に教えてもらって知ったのが彼女です。

急いで彼女について調べ彼女の映画を観て先祖の活躍を誇らしく思い、ふつふつと勇気がわいて自分も頑張ってみようと思ったものです。

 

世に出ている一般的な(恐らくつくられた)プロフィールはとてもドラマチックだけれど、それとはかなり違う、甥っ子にあたる父から聞いた実人生も一味違ってドラマチック。

負けず嫌いで天下取りの手相が自慢だった彼女。
光と影、愛と裏切り、栄光と転落を経験しながらも、
その度に何倍返しと言えるような大きな存在になって咲き誇りました。

 

彼女は、意図はしていなかったかもしれないけれど当時進出してきた職業婦人のひとつの成功例であり、非常に稀であったであろう、かなりのレベルで経済的に完全に自立した女性でした。

強いを通り越した性格のきつさは激しい競争社会でトップの座を守り抜くための武装、数多い浮き名は真実の愛を求めて懸命だった結果。

社会的地位が低かった女優という職業や女性への差別・偏見と、自分らしく自由に生きたいという欲求のはざまで、進歩的な女性像を精一杯演じて生きた頑張り屋さんだったのかなぁ、と思っています。

 

僕は誇り高く生きた彼女に敬意を表する思いで、こつこつと彼女のブロマイドや資料を集めてきたんです。
その中から好きなものをいくつかご紹介します。

 

八雲恵美子の写真

 

 
 

八雲恵美子に関するブログパート2はこちら

ニュースレターを購読します

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、ブログの更新をメールで受信できます。

-シータヒーリングブログ

Copyright© シータヒーリング®のAUWA セミナーと個人セッション 東京都 高円寺/阿佐ヶ谷 , 2021 All Rights Reserved.